BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2008年5月31日土曜日

『青空学校』

今日はブッダガヤーにある『青空学校』に行ってきた。

昨日、日本語を話せるいかにもあやしそうな人に連れて行ってもらい、

その子たちが日本の歌をいっぱい歌ってくれた。

みんな元気にチューリップの歌、かえるの歌、ぞーさんとかいろいろ。

お礼に次の日に髪を切ってあげる約束をした。




ブッダガヤはすごい貧困な町で、教育がほとんど進んでいないらしく、

ただで通える学校を開校したらしい。

そこに通うのは70人の子供達。

その中の11人は孤児でその学校に住んでる。

ハサミを持って行くとみんな大喜び。

学校の前の大きなガジュマルの木の下で

小さい子から順番にカット。

みんなソフトモヒカンにしてあげたらジャパニーズスタイルだってはしゃいでた。


結局、孤児の子達11人と先生3人とあやしいおっちゃんをカット。

切ってる途中、うわさを聞きつけて町の床屋さんのおっちゃんが来て、

カットの仕方を不思議そうに拝見してた。

その後、チャイとクッキーをごちそうになり、

みんなで折り紙したり、写真みて遊んで最高の時間。

帰り際、みんなと握手してハグして別れた。

生徒も先生も純粋やし、いい学校やったな。









それにしてもブッダガヤは暑い。。。

日中45度を超える猛暑。

町はいいけど食べ物やが少ない。

日本語でやたらに話しかけてくるインド人が多い。

ちょっとめんどくさい町やな。

早いうちバラナシ行っちゃおう。

2008年5月29日木曜日

コルカタ→ブッダガヤ

コルカタ楽しい。

コルカタっていうかパラゴンGH楽しい。


町も重要だけどやっぱGHとそこで出会う人が重要やなぁ。

4日間髪もいっぱい切れてみんなに喜んでもらえた。

毎晩3時4時まで飲んで語って最高だったな~。


写真は口琴って楽器をみんなで練習してるとこ。

これすごいいい音が出て、出してる自分によっちゃいそうな感じ。

僕もネパールで買おう。



昨日の夜、そんな楽しいコルカタを後にして列車でブッダガヤへ。

23時の列車にあわせてタクシーで駅へいって掲示板見たらなんかおかしい・・・

僕らの乗る列車の時間がam3:00って表示されてる・・・

まさかと思って周りの人や駅員に聞いたら

ストライキがあったらしくその列車は3時になりました。とのこと。


仕方ないから3時までウェイティングルームのベランダみたいなとこで仮眠。

意外に風通しが良くて気持ちいい。

なんとか3時に出発し、無事朝10時にガヤーに到着。

そこから乗り合いリキシャーで15キロ離れたブッダガヤーへ。

3人乗り位のオートリキシャーに11人乗ってビュンビュン飛ばして

やっと着きました。

ブッダガヤー着いたとたん日本語べぺらぺらのインド人が声かけてきた。

あやしさを通り越したペラペラ。

しかも結構町の人達もしゃべれる。

一昔前に日本からのお坊さんが教えてくれたって言ってた。

日本のお寺もあるみたいだし。

ちょっとこの町興味深いな。

2008年5月27日火曜日

☆マザーテレサ☆


コルカタ2日目。

マザーハウスのボランティアに行ってきた。

写真が中では撮れないので今回は文のみで。

朝、6時にマザーハウスに行き、ミサ(お祈り)を見学。

そこで出される簡単な朝ごはんを食べ、

それぞれのボランティアの場所へ。

僕と彼女は美容師だってことを伝え、

障害者の家、孤児の家、死を待つ人の家、薄弱者の家などがあるうち、

孤児の家の知的障害の子たちの家に行くことになった。

その日、そこは誕生日パーティー。

みんなめちゃめちゃ楽しそうに騒いでた。

純粋やなぁ☆

朝ごはんでその子達にヨーグルトを食べさせてあげた。

あまり日本でこういう子達と接する機会がなかったので全く扱い方がわからん・・・

2人でてんてこまいでした。

ひと段落したらシスターから呼ばれ、

階段の踊り場でカットさせてもらえることになった。

急に動いたりする子が多いのでカットもかなり難しい。

一人の子をカットするのに、僕ら二人ともう一人で3人がかり。

頭と体をおさえ、あやしてもらってるうちにカット。

あまりにも動く子はバリカン!ハサミは怖くて使えなかった・・・

一人切るのに汗だくでした。

結局7人の子達を切らせてもらった。

その中の一人に、僕らが来たときからパーティー中もずっと机に顔を伏せたままで

寝てないけど動きたくない。みたいな子がいた。

カットしてあげた後、その子は顔を上げ、僕らに声は出てないけど

『サンキュー』って言ってくれ、握手を求めてくれた。

その後、

椅子から立ち上がり、家の中を前を向いて歩きだした・・・

その瞬間、胸がスカーーーーット晴れた気がして、

涙も出そうになった。

ほんといいことさせてもらえたな~~って。

マザーテレサの偉大さを実感。

何回も言ってるけど改めて自分達の技術に感謝しました。

☆コルカタ☆

コルカタにはいろんな国からの旅人がいっぱい!

町はインドの大きな都市の中では一番面白いし

食べ物も美味い!

昼間にインド人のおっちゃんたちがみんなはいてる

ルンギーっていう一枚の布を巻きスカートみたいにして着るものを買った。

100ルピー約300円。

安いし意外にチェックでかっこいい!

僕らが泊まってるパラゴンGHも

日本人をはじめ、たくさんの旅人で毎晩にぎわってる。

久々こんな感じで酒がおいしく飲めるし、情報も盛りだくさん!










カットも盛りだくさん☆

韓国の人達。

最初びびってたみたいだけど一人切ったら周りの友達みんなカットさせてもらえる。

韓国の人達はいつもそうです。一人目が肝心☆






前下がりボブ大好きスペイン人や、

フォトグラファーのめちゃかわいいカナダ人たち、

世界一周中のりえさん。

いっぱいの人を切らせてもらえた。







りえさんは、カットのお礼にと張り紙を書いてくれた。

これがめちゃうま!!!

まじびっくりでした。

大事に使わせてもらいます。

1枚目の写真がカット後のりえさん☆

これからは張り紙2枚でGHとレストランとかに張れるな~。









日本人の一人に美容師発見!!!

ジョー君もハサミを持って世界一周中。

せっかくなんでコラボしときました。

僕ら二人とジョー君でGHの中庭は、

お洒落とは程遠いけど賑やかな美容院になりました☆

2008年5月25日日曜日

☆大移動☆ 絶食!


Varkaを出てトリヴァンドラムまで列車で1時間。

そこから寝台バスでチェンナイへ。20時間・・・

チェンナイで一泊し、体をリセットし、

今度は寝台列車でコルカタへ30時間・・・・・


合計で2500キロ、50時間の移動。

朝6時にコルカタに着き、

ローカルバスに乗り換え、サダルストリートにある

伝説の安い日本人宿といわれてる『ParagonGH』へ到着。

その名の通り久々に日本人がいっぱい!

ほっとして3日ぶりにPC開いて日記書いてます。

さすがに今回の移動は疲れた・・・

何を思ったか

『30時間の列車の中を絶食しよう』

と自分で決めてチャレンジ!!!

30時間 水のみ!

多分っていうか絶対産まれてこのかた26年間、

30時間何も食べず水以外飲まないっていうのは初めて。

どんな気分になるのか試してみたかった。

これが意外と楽しい!!わけがない・・・

めちゃ辛かった。


初めの10時間はなんでもない。

12時間が経った頃、お昼ご飯。

まーお腹はすいてるけど我慢はできる。

15時間が経つ。

目の前にゆで卵屋。食べたいーーー!!

水を噛みながら飲んで我慢。







チェンナイで購入したSUDOKU(すうどく)したり、本読んだり、音楽きいたりして

空腹を忘れようと頑張る。

20時間。 みんなの晩御飯。

席を離れトイレの近くで匂いを消し、外を眺める。

SUDOKUをしても間違えまくるし、本も頭に入ってこない。。

自分の機嫌がいまいち良くない事にも気づく。

24時間が経つ頃、無理やりベッドに入り寝た。

ガ・・・寝れない。目が閉じない。

それでも無理やり目隠しで就寝。

30時間!到着時間の朝4時に起き出発の準備。

着かない・・・

4時半・・5時・・・・・・・・イライラ・・・・・

5時40分ごろ念願のコルカタ到着!!

この1時間半の長さは今までで最長に感じた。

20Kgのバックパックが重く感じる。力がでない。

駅のホームにある一番に目に入ったレストランでハンバーガーに食らいついた!!

どこのハンバーガーより美味い!!!

ちょっと感動。

かなり達成感があって、体から毒素がぬけて爽やかな気分☆

でも食料がなくならない限りもうしません。。。

自分でこんな変なルール作ってチャレンジしたからできたし、

最高の達成感が味わえた。

これを誰かにやれ!って言われたり、決められてたルールだったら

隠れて食べてたやろうな~~。

人間ってそんなもんか。

なんでも自分で決めてチャレンジせなあかんな~~~☆

2008年5月20日火曜日

☆BEACH CUT☆

いつもはGHの壁に張る張り紙を、

今回はGHの隣のレストランの看板に張り紙を張らせてもらった。














張った初日から反響が☆

丘の上でCUT。

一歩間違えれば崖・・



でも目の前には何もない開放感!!

ビーチ沿いでCUT。

波の音しか聞こえない!




次の日もメキシコの綺麗なお姉さんが声をかけてくれて切らせてもらえた。


最高のロケーション☆

お客さんも最高気持ちよさそうだけど

切ってるこっちの気持ちも最高!!!

自然に囲まれてカットするのってなんでこんなに気持ちいいんだろう・・・

こんな美容院あったらいいな。



おまけ。。。


このビーチ沿いのインド人達何してると思います??



この人達、水着で泳いでる旅行者をじーーーっとみてるんです。

町の人みんなでみにいくかっ!!

とかいって来てるんかな。。。

あまりにもの堂々さにちょっとビックリしました。

☆Varkala Beach☆

アレッピーから南に4時間バスを2つ乗り継いでVarkalaビーチへ!

ビーチはGOAで行ってたからもーいーかなって思ってたんやけど






アレッピーのみんながあまりにも薦めるので行ってみることに。

汗だくになりながらビーチサイドを歩きGHへ。

めちゃ気持ちいい汗☆

GHはビーチサイドの丘の上に並んでる。

アレッピーのLemonTreeGHのオーナーの友達のGHへ。

ここもオフシーズンで1泊150ルピー約450円。

めちゃ安い上に綺麗でベッドには蚊帳付。


バックパックを置いてとりあえず汗を流しにビーチに飛び込んだ。

最高!!!!

夜は大好物の魚をグリルしてもらいがっついた。




このビーチGOAよりいい!

インドでビーチ行くならここがお勧め。

水も少しは綺麗だし、料理うまいし、

なんてったって人がめちゃいい!

また長居してしまいそう。

実は23日の夜にチェンナイからコルカタまでの列車のチケットを買ってある。

他にも南インドで行きたいとこあったけど

ここのすばらしさに負けそうや。

☆アレッピー☆

ムナーからバスを乗り継ぎ6時間で再び暑いアレッピーへ。

たくさんの河や湖に囲まれたこの町は人もいいし、ヤシの木とか自然も多くて南国気分。

ただ 蚊 がめちゃ多い・・・

マラリアの蚊はいないらしいから安心。

泊まったLemonTreeGHのオーナーと友達の頭を坊主にして少し絵をかいてあげた。

インドではめずらしいみたいでかなり喜んでずっと鏡見てた。

インド人は純粋な人も多いな。

次の日には同じGHに泊まってるスペイン人のシモーンと3人で

カヌーみたいなちっちゃい舟をチャーターしてバックウォータークルーズ。

TDLのジャングルクルーズのリアル版!

カヌーが意外によくってボートのエンジン音もないし、

でかいボートじゃ入れない細い川にも行けちゃう。

こんなジャングルみたいなとこでもちゃんと生活してる人達がいる。

川で洗濯はいいけど川めちゃ汚い!とか

買い物はどうするんやろう・・・?とか

どういう風に結婚相手見つけるんやろう・・?とか

電気は?学校は?

とかいろいろ考えたけどそんな事はたぶんどうでもいいんやろうな。

陸からみんなめちゃ笑顔で挨拶してくる。

めっちゃ幸せそうやな~~~。

ただ川にはごみがいっぱい。

インド人はどこでもかんでもポイ捨て。

こんなにいい自然なのにもったいない。

シモーンも自然をリスペクトするべきだ!って熱弁してた。

カヌーの漕ぎ手とそんな話をしてたら

あっという間に4時間のクルーズが終わった。

ここもいい町やな~~。


☆世界一周旅行はまるでディズニーランドのリアル版☆

2008年5月16日金曜日

☆Munnar☆

コーチンからバスで4時間内陸に入ったとこにあるムナー。

インドのバスの運転手は遅れたら罰金があるらしく必死。

ジャングルのような山道をバスの運ちゃんがとばしまくる!

細い山道でもおかまいなしに追い越しまくり。

一番前に座って眺めがいいのはいいけどスリル満点!

彼女は車に酔って途中からダウン・・・


やっとのこと着いたムナーは標高1500mでめちゃすずしい。

久々こんな涼しいとこ来てルンルン気分☆


まわりは自然だらけだけあってフルーツ屋だらけ。














そこに見つけました。

インドに入ってからずっと探してたレッドバナナ!!!

レッドバナナ5本とマンゴー3つを50ルピー約150円で買った。

このレッドバナナ・・・まだ若すぎるのか硬くて皮すらむけない・・

無理やりむいて食べたけど舌がしびれる感じ。

もーちょっと寝かしてみます。


夕方にぷらっと入ったお茶屋さん。






そこのオーナーのポールさんと話してたら家に招待してくれて、

ディナーとワインをご馳走してくれた。

もちろんお礼に髪を切らせてもらった。

インドでは男性が女性に切ってもらうことはほとんどないみたい。













なので今日は彼女がカット。

少し照れくさそうにしてたけどめちゃ嬉しそう。

36歳194センチのポールさんかわいいとこあるなな~~。

ディナーのお礼なのにそのまたお礼にムナー製のフェイスクリームをくれた。

インドほんとにいい人多い!!!

☆コーチン☆

コーチンには魚を食べるために来たと言っても過言ではない!

魚を求めフェリーに乗ってコーチンフォートって島に行った。


ここではチャイニーズフィッシングっていうやり方で魚を獲るみたい。

大きな木に網を張り、石をおもりにして網を下ろす。

何分後かに大人5人くらいで一斉に網を上げる。



大きな釣具・・・

僕が見てた3回ほどは全く獲れてなかった。。


その目の前には獲れたての魚が叩き売り!

鯛みたいな魚とイカを100ルピー約300円で買い、

それをレストランに持っていって焼いてもらった。

これはやっぱりシンプルにグリルするだけが一番!






いつぶりかにこんな日本っぽい料理を食べた。

ほんとに美味くてちょっと感動すらした・・・

思い出しただけでよだれが出る。

寿司くいてーーーー!!!



☆前回の日記に書いた中国の地震で連絡なかった友達から連絡ありました!
 ホントよかった~~~。

2008年5月14日水曜日

GOA→コーチン

写真はGOAで泊まってたGH。

Goaに三泊し、次の日移動。

夜のうちにある程度のパッキングを済ませた。

次の日の朝、チェックアウトに間に合うように起き、窓を全開にし海の風を入れる。

めっちゃ爽やかな朝☆

なのになんかわからんけど憂鬱な気分。。。

移動したくない。。。

無性にこの朝日を浴びながらコーヒーを飲み、読書をしたくなった。

彼女もまだ寝てるしこっそりもう一泊分払ってしまおう!

ってことで結局Goaに4泊。かなり満喫した。



次の日はしっかりチェックアウトし向かう先は南のコーチン。

ビーチからバスを乗り継ぎGoaのパナジへ。

列車の予約オフィスに行ってコーチン行きを聞いたけど31日までいっぱい。

げっ・・・

他のハンピやバンガロール行きも1週間くらいいっぱい。。。

仕方なくバスで行くことに。

でもバスだと直通がなく、途中のマンガロールまで行って乗り換えなきゃ。らしい。

仕方ない。とりあえずそこまで行こう。


チケットを買ってるときに日本人のさぬきさんと出会い

さぬきさんも次の日まで時間があるらしいので

夕方まで一緒にいることに☆


さぬきさんが借りてる部屋でシャワーも浴びさせてもらった!

寝台に乗るときのコンディションってめちゃ大事。

おかげさまでバスで気持ちよく寝れた☆

お礼に部屋で髪を切らせてもらった。

インド初の日本人のお客さん☆

カット中もいろんな話が聞けた。

4年前に世界一周したみたいでいろんな情報おしえてもらったり、

旅中にリキシャーで事故にあって死にそうになった話や、

何もかも盗まれて強盗たちと戦った話、

鉄砲つきつけられたのにもかかわらず「ノーマネー」て逃げれた話・・・

いろんな経験談を話してもらった。

旅先どこでも裸になってしまうさぬきさん。。

ステキです☆

これから先の旅が楽しみになる反面、改めて気をつけなきゃと初心にかえれました。


日本では歯医者のさぬきさん。

『サービスや接客、今はお店も人も溢れてることや、口コミでの広がり。

美容師と歯医者はよく似てる。

作品が表に出るか出ないかは違うけどね』

と、なるほど話もおもしろかった。


楽しい時間はあっという間に過ぎバスの時間。

さぬきさんに見送られマングロールへ出発☆

日本に帰ったらまた飲みましょうね!


バスに12時間乗り、マングロールに朝6時到着。

そのまま列車の駅に移動し、




その日の寝台列車に乗り込んだ。












列車の中の前に座ってたおじいちゃんがめちゃかっこよかった。

こんな68歳い~な~。

10時間海沿いを列車にゆられ

朝の4時にやっとコーチンに着いた。。


駅のウェイティングルーム6時まで寝て

GHへと移動した。

今日は3日ぶりのちゃんとしたベッド。

ぐっすり寝れそうですZZZ




中国の地震大丈夫かな。。。

友達はほとんど大丈夫そうでよかったけどまだ安否がわからない友達がいる。。。

早く連絡とれたらいいな。。