BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2011年6月22日水曜日

タイwithおっくん


ただいま〜〜〜!

元気満タンで帰国したHDKです。


久々のバックパックにかなりテンション上がっちゃってもて、

火がついちゃいそう。

次はいつ行こかな。












10日間でいろいろありすぎて長くなるけどいくで〜〜!









バンコクの空港を降りたら

懐かしいもわっとした空気。

これこれ!と思いながらタクシーでカオサンロードへ向かった。

ゲストハウスにチェックインしてライターを買いに隣のセブンイレブンに行った。

朝6時。


『一杯だけ乾杯しよ〜や。』



この一言がこの一日を終わらせた。

セブンでお酒を買えなかった僕らは目の前の定食屋さんで乾杯する事にした。


これから10日間楽しもうや!

かんぱ〜〜〜〜い!!

って飲んでると

一人の女の子が『何食べてるんですか〜?』

と参戦してきた。

(この後この女の子も一週間一緒に旅することになる。)

3人で飲んでたらマダガスカル人のビシュヌが参戦。

4人で飲んでたら見たことある二人が通った。

え??

『せっき〜〜〜〜!さやか〜〜〜〜!』


そう。

前日にまたたびで送別会をした二人。




まさかの再会で6人で飲み始めた。













もう止まらない。










ビールはいつの間にかキャッシュオンシステムになり、

マイケルを踊りながら参戦してきたおばちゃんが来たりして










人は群がるばかり。











気付けば15人くらいで飲んでて、


























最後は警察に止められ宴会はお開きとなった。




























なんやったんや!あの飲みは!

笑い声に人はよって来るんや〜〜。

そんな初日。













次の日にはバスに乗り込みチェンマイへ向かった。

朝6時にチェンマイに到着し、

友人に会い、

すぐにパイに向かった。

川沿いのバンガローに宿をとり、

町を探索。





















市場でチキンとチキンを買い、


ビールを買い込んで庭で飲んだ。





















チキンは世界中どこで食っても裏切らない。















したらチェンマイから友人がおいかけて来て合流し、

どっかしらから美容師のアシスタントの女の子が合流。






















結局この日も日が暮れるまで飲み明かした。





笑い声に人は集まる。

そんな日やった。



一緒やん!

















飲んでるだけやん!!




このまんまじゃあかん。


































バンガローにまいちゃんが作ってくれた張り紙をし、



庭に青空美容室を開店した。





次々に髪を切りにくる。ほどこの町には人が居ない。





























そして次の日は『ジャングルパーティー』

その意味の分からないパーティーに行く為、

ラオスに行くのを辞め、

今回の旅はこのパイを最終地点にした。



満月の夜。
















車でジャングルの奥地まで連れていってもらう。

そこには小さなバーと火。

















ビール片手に踊り狂う。


汗だくになりながら踊り狂う。
























みんなに見てほしい物がある。


このバッタ。

写真じゃ伝わらんかもやけどほんまでかいねん!!!



































次の日、



二日酔いのおっくんを置いて一人でマッサージへ行った。




受付の女の子が可愛かったからオイルマッサージにした。


そのこは電話してマッサージ師を呼んだ。

おばちゃんが来た。

まぁこんなもんか。とおばちゃんにマッサージしてもらって

バンガローへ帰った。


『おっくんマッサージ行かへん?』

おっくんをマッサージのはしごに誘い、

次やってくれる人に『こいつオイルマッサーザしてきたな。』

って思われたくなかったからシャワー浴びて肌つるつるにして遠くのマッサージ屋さんへ入った。


受付の子がマッサージ師を二人呼んでくれた。

おっくんのとこにめちゃ可愛い女の子が来た。

おっくんえ〜な〜。

かわいい子きたらうれし〜な〜。

って待ってたらカーテンがガラガラ〜〜〜。




キタ〜〜〜〜!!!!!!




僕とマッサージ師は一目惚れをしたかの様にお互いを見た!!




『お前か〜〜〜〜!!!!!』




そう。



同じおばちゃんが来たのだ。


二人して指差して『お前か〜〜〜!!!!!』

嬉しいふりしておばちゃんにまたマッサージをしてもらった。

そしておばちゃんからとどめの一言。

『あなたそんなに私がいいならもう一時間延長する???』



僕は苦笑で人差し指一本を挙げた。





はい。

記念撮影。

え〜な〜おっくん。




















みんなが絶対嫌がる海外でのヘアカット。

なんなら僕が行ってみようじゃないか!



当たり前のようにオーダーを無視するおばちゃん。

ちょっとだけっていってるのにバリカンでせめて来るおばちゃん。

トップは切らないでって言ったのに同じだけ切って



出来上がったのは角刈り。

ありがと!!日本で流行らせる!






『おばちゃん髪切らせて〜や!』

『おばちゃん髪切らせて〜や!』

思いが通じたのか3回目のアプローチでオッケーしてくれた。



クロスをつけて切り始めたらおばちゃん安心したのか






会話が弾んで美容師をしてる娘さんの相談をしてきた。

『カットがへたくそで。。。』

『おばちゃん!!美容師はカットだけちゃうで!それより必要な事いっぱいあるで!カットが下手やからって見捨てたらあかん!』

『あんたまた遊びにきてや』














店の前での握手した。

僕なんかより数段仕事の手のひらをしてた。

おばちゃんありがと〜〜〜!

















パイの最終日、一緒にパイで過ごした美容師のアシスタントのリノの髪を切った。

















ビフォー。

縮毛矯正にブリーチ。

濡らせばコームも通らない髪。

切らんくても可愛い。

うん。





































アフター。

僕とのツーショットでごめんなさい。




可愛すぎて一緒に撮っちゃいました。

東京出てきたらえ〜のに〜。

うちで働いたらえ〜のに〜。















バンコクへ帰ってきた。

おっくんとの10日間の旅もそろそろ終わり。

何しようか。


って思ってたらおっくんまさかの食中毒〜〜〜〜!!!





















半日読書して、ちょっと元気になったおっくんを連れて

またも暴飲暴食しに行ったのだった。























空港で最後におっくんにハグした時、

おっくんがギュッてしてきた。(彼女か!!)

その瞬間、不覚にも涙が出てきてしまった。







彼女と別れても涙出なかったのに。

世界一周帰ってきた時も涙出なかったのに。。

なんでおっくんで涙流してんねん俺〜〜〜!!!





おっくん半年帰ってくんなよ〜〜!!!

日本で俺らも負けんようにやっとくで〜〜!



半年後美味い酒飲もうや!









また踊り狂おうや!













また犬と遊ぼうや!













またでっかいバッタつかまえようや!











またバイクにけつしてドライブしようや!










ゴーゴーバーのリベンジしようや!


おっくんの笑顔最高や〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

























『俺にはツレしかおらん』
















改めてそう感じさせてくれた"旅”やった。


あ、おっくんのブログ。

この旅の事めちゃめちゃ面白く書いてるから読んでみて。

おっくん。文才ありすぎ!!


http://unkonisakuhana.seesaa.net/article/211139713.html



さ〜切り替えてみんなの髪きるで〜〜〜〜!!

可愛くなりにおいでや〜〜〜〜!!!
















いろんな世界一周ブログや旅ブログ見れます。

僕も参加してるので、できればワンクリックお願いします☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
コメントを投稿