BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2014年8月23日土曜日

僕の夏休み① マレーシアボルネオ島コタキナバル。町と美容室編

※この日記は僕の楽しかった旅行の記憶を
新鮮なうちにしっかり記録で残したいなと思って
思うがままにブツブツ書いてるだけの
超自己満の日記です。

暇な時に流し読みをお勧めします。
では。


『何日か自分の持ち場を離れると、
 あの子に会いたいな。
 あの子今何してんねやろかな。
 その子の声が聞きたいな。
 とか。
 色々想う。
 その子は俺の顔を見るなり
 10㌔ランニングした後のビールのように俺に飛びついて きた。
 俺が欲してるのは硬い味の無いステーキや、
 味付けの濃いチキンじゃない。
 シンプルなちょっと揚がり過ぎたからあげ、
 キモイ
 でもこんな事をブツブツ言いながらランニングしてる自分 も嫌いじゃない。
 キモイ』


















一人でリゾートに行き、
よしもとばななを読書した結果がこれやねん。

今年もお盆休みとろか。
ブロッコリーに来てるみんなはお盆に東京におらんやろ。
っていう勝手な判断で毎年休むねん。
実家の姫路にかえろうか。
どないしよかなー
思たけど
スタッフの皆に一日長く休みもろて
海外行く事にしてん。

空港降りてちょっと行ったとこに
海、山、町があるところ。
を条件に探して決めたんが
マレーシアのボルネオ島のコタキナバルって町。
あんま聞いた事無いし、
日本人少なそうやし。

今回は一人になりたい。
誰とも話したくない。
何もしない旅行。

いつもやったら何の予定も立てず行って
適当に歩いてゲストハウス泊まってってすんねんけど、
それしたらいつもと一緒で、
結局誰か話しかけて友達作って
飲んで髪切ったげて終わりやな。
思ったから
今回はあえてホテルとって行ってん。
しかも町のまん中にある4つ星リゾート2泊、
町からタクシーで40分ほど外れた5つ星リゾート2泊。

持ち物も今回はポケッターじゃなくって
ランニンググッツ。


縄跳び。


本。









しっかり遊べる道具を選んでん。

初日、はりきりすぎて飛行機の時間を一時間間違えて
やたらと早めに着いた羽田空港。















海外旅行いく時は本を空港で買うねん。
あの少ない種類の中から直感で選ぶ小説がいつもタイムリーなんよな。
出発時刻からさらに一時間飛び遅れたキャセーパシフィックでビール飲んでゼログラビティを観ながらこのまま飛行機を放り出されたら宇宙空間にいかんと地面に落ちるな。
とか考えながら香港に到着してん。

トランジットの時間が元々1時間ちょいしかなかったのに、1時間遅れてしまったキャセーさん。
飛行機の中でチキンの俺の旅行は今回は香港までなんかな。
とか思っててんけど、
さすがキャセーさん、
トランジットの入り口でMr. HIDEKI FUJIKAWA
って書かれたプレートを持ったお兄さんが待っててくれて
一本後のチケットに換えてくれたみたいやわ。
さすが。

ホッとしてドラゴンエアーでコタキナバル到着してん。
ATMを探していつかつくったcitybankのカードでwithdraw
ほんまこのキャッシュカード便利やわ。
っていっつも思う。
毎月、地味に数万円づつここに貯金してんねん。
俺の旅行貯金なんかどうでもええな。
マレーシアはRM(リンギット)って通貨らしい。
RM1で約32円。

アジアの空港から出た時のあのもわっとする感じがええんよなぁ。
発達してない下水のにおいと、
なんかのスパイスと、
ぼったくりのおっさんの口のにおいがまじったあの感じ。
来ターーー!って感じがするんよな。


おっさんに話しかけてタクシーにのっかりホテルの名前を告げる。
最初の2泊は町まで歩いて5分くらいんとこにある
Ming Garden Hotel(ミンガーデン)ってとこ。













そこまでRM30。約900円。
15分くらいやからまぁまぁ高い。

ホテルにチェックインして
まだ20時くらいやったしまずはプールに飛び込んで
ビールを体のすみずみまで流し込む。
もう一本!!
思ってプールバーに買いにいったらもうお酒の販売は終わりですゆーから
しゃーなしフロントで町のマップをもらって
町へ繰り出してん。
向かう先はタクシーのおっさんに聞いた
ウォーターフロントって場所。
どうやら夜中まで飲めるらしい。

歩いて10分ほどいったらその場所はあってんけど
どうも西洋人が好きそうなBarが並んどって
う〜ん。。
こういうとこ行きたいんとちゃうねんなぁ。
とかぶつぶつ独り言いいながら
一番西洋人が好きそうなBarに入ってん。
ほな写りの悪いTVでバルセロナとどっかの試合の再放送が流れとったから海沿いのカップルだらけのテラス席行って、
一人で4人席座って
ワンパイントのビール注文したんよ。
ほんで腹減ったしと思ってフードメニューある?
って聞いたら隣から頼んでくれって。
隣がええ感じの地元の定食屋さんみたいな感じやったから
写真見て海老のやつとチキンのやつ2つほど注文して
朝から味気ない機内食しか食べてへんかったから
いっきにかきこんでん。
ビールはRM25くらいで、食べ物も2つでRM30くらいやったかな。
思ったより物価高いわ。

ビールを2杯目頼んだくらいに、
Bar店内でライブがはじまったんよな。
なんかずんぐりむっくりのおっさんが歌い始めたんやけど、
それがどうもメチャクチャ上手いんよ。















ちょっとづつちょっとづつ近づいていって、
飲ももビールからスコッチ&ソーダにかえて
オシャレな自分に酔いながら
気づいたら酒に酔いながら
おっさんが歌ってる最前列まで近づいとったわ。
最前列ゆーても立って聴いてたん俺だけやったんやけどな。

ほんで一人でふわふわ踊ってたら
近くで飲んでた3人のオージーのにーちゃん達が
ヘイボブマーリー
飲もうぜ!
って声かけてきてイエガーマイスターおごってくれてん。
ほんだらカウンターに座ってたごついマレー人が近づいてきてテキーラのショットおごってくれてん。
ほんで今度は俺がみんなにおごろうと財布出したら
金は俺に任せろ。
俺はブラックピーポーだぜ。
ってむねはってゆーてた。


なんでなんやろ。思ったけど















散々飲んだった。
誰とも話しないはずの旅行が
初日から破ってもた。
















しこたま飲んでベロンベロンで
みんなに別れを告げ、
海沿いを歩く歩く。
町角にあった定食屋で締めのトムヤムヌードル食って
ホテルに帰ってん。




























2日目の朝、頭痛とともに目覚め、
ビュッフェモーニングでヨーグルトとシリアルを食べ








プールに浮かんで二日酔いをさます。































あぁなんて贅沢な。



今回の旅行の遊びは
RNS。
これがRNSスタイル。



Running Nawatobi Swimming



















町のマップと縄跳びと現金をリュックに入れて
町中走る。

俺、昔からドラクエとかFFやったら、
洞窟とか入ったら隅々までいかな気が済まへんかったんよな。
もしかしたら宝箱がまだ残ってるかも!
隠し階段あるかも!
思たら隅々行かな気が済まへんかったんよ。
せやからな、町中走りまくるねん。






















































汗だくでたどり着いた町のはしっこに
こんな奇麗なビルがあったんよ。
















これはコタキナバルで一番イケテルショッピングモールに違いない。
ほんでこん中にある美容室はこの町で一番イケテル美容室に違いない。
と思って入ってだだっ広いくせにやたら暗いチョッピングモールをうろちょろしたんよ。
ほんだら大雨きてん。
スコール。
ツイテルわーおもた瞬間見つけたんよ。
ええ感じの美容室。
GCってとこ。
カットトリートメントでRM100やから3200円くらい。
ええ値段とっとるわ。
自分の髪の毛、ドレッドは整えてきたんやけど、
あえてサイド、バックの毛は切らんと置いといたから
そこだけ切ってシャンプーしてー
って入ってん。


ほんだらアシスタントの子が
がんばって爪たてて洗ってくれて、















オーナーがバリカンで切ってくれたわ。


















会話の中で
日本で美容師やってんねん。
ゆーたらやたら日本に興味あるみたいで、
俺の髪切って欲しい。
ゆーてきたから
ハサミ貸してくれんねんやったら切るでーゆーて


切ったげてん。






































置いてあるヘアカタも日本の雑誌ばっかりやったわ。
















使ってるハサミもjowelって日本のやつやし、












コームもYSコームやし、








カラー剤も資生堂やった。


















あとはIGORA使ってたわ。

















いくらで仕入れれるん?って聞いたら
RM20くらいやって。640円。
日本の仕入れよりは安いけど結構高い。
ほとんどがシンガポールから仕入れてるねんて。
美容師の勉強もシンガポールらしい。
ほんで15坪くらいで家賃月15万くらいやって。
ええビルに入ってるのはわかるけど結構するなぁ。。
ってのが正直な感想やったなぁ。




このかっこ良くなった旦那さんの奥さんが














facebookで写真をあげたら
この日本人!昨日ウォーターフロントで見た!
ってすぐコメント来てたわ。
やっぱ小さい町やとすぐ広まるな。

















ちょい前まではハサミをリュックに入れて旅行するんが
自分の中で友達もできるしええコミニュケーションツールになるしと思ってたんやけど、
最近はハサミを持たへん裸の自分がどこまでやれるんかの方がおもろいんよな。

ハサミを失った自分がこの町に住むことになったら
藤川英樹くんはどうするのか。

そないなったら人見知りってゆーてる場合でもないしな。
宿で寝てる場合でもないし。
まぁええか。

また日本に来た時は日本のハサミ買えるとこに連れてったげることを約束してその美容室を後にしてん。

すっかりあがった雨にざまーみろとか思いながら
ランニングの続き。

町中、ショッピングモールの中、
いろいろ走ってんけど美容室がいっぱい並んでるとこがあって、どれもこれもな感じやったけど、















マッサージマッサージって声かけてくること思ったら
これは美容室なんは表だけなんやな。


















とか思いながら写真だけとってん。

腹減ったなー思ったら昨日日本で最後食べたはずのラーメン屋さんが目の前に出てきたからそら食べるわな。

























RM20くらいのとんこつレモンラーメンっての頼んでんけど、
これが意外といけるんよ。
レモンのスライスが何枚か入ってるだけ何やけどな。
これ、夏は日本でもええかも。

太陽が傾いてきたからこれはサイコーの夕焼けを見に行こうと思って
海沿いの道を南へ南へと走ったんよ。
ほんならなんかええ感じの村みたいなんに辿り着いてん。















水上コテージみたいな住居が並んでる感じなんやけど、












りっちな雰囲気はないところ。














子供が走りまわっとって
みんな俺の顔見て親指立ててあっちあっちって指差すんよな。
そのあっちにはええ感じの日の入り見れるところと




















ぐるっと回ってその村の出口があったんやけど、このどこから来たんかわからん奴になんか教えてあげたかったんやろなぁ。







すっかり日が暮れた遠浅の海沿いで
袋小路にぶちあたりぼーっとしてたら
流木を立ててゴールにしたサッカー場で
子供達がまだサッカーしててん。


真っ暗やで。















ほんでUターンしてちょっと走って戻ったとこには
10代の子達がたむろっててん。

ええ町やな。

後ろから追いかけられたらどないしよとか思いながら
ちょっと早足で走ってホテルの方にむかってん。

ほんならスコールで緩んだ地盤に足つっこんで
靴がどろどろ。

















こんなドロドロの靴はいたんいつぶりやろ。
とか逆ににやにやしてもたわ。
ってか、
出発直前にお気に入りのポンプフューリーを
こっちの靴にかえてよかった。
ってまたニヤニヤしたわ。

宿に帰って気づけば15キロくらい走ってて
ヘトヘトやな思ってマッサージいったんよ。
ほんならやっぱり俺にはおばちゃんが出てきて、
全身マッサージ終わった後、
スペシャルなやつする?
って聞いてきたから
丁重にお断りして宿に戻ってん。

マレーシアって国は、
中国人と、ムスリムの人たち、そんでマレーシア人、
の3っつの人種、宗教がごちゃごちゃに住んでるんよな。
いや、ごちゃごちゃちゃうな。
それなりにかたまってる。
せやから食べるとこも、服買うとこも、
多分美容室もそれぞれちゃうんよな。
ってことはもし日本人が美容室オープンした場合、
どこにターゲットをもってくんかが大事やな。

ぶつぶつ言いながら夜のプールに浮かんで
明日には町を離れてさらなるリゾートや。
って考えたらいてもたってもいられんくなって
クロールしてん。

ほなまた明日。


僕の夏休み② マレーシアボルネオ島コタキナバル
一人リゾート編に続く

http://hdkhdkhdk0915.blogspot.jp/2014/08/blog-post_23.html
















































































コメントを投稿