BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2017年3月29日水曜日

喋るブログ。 NEXTYLEさんのインタビュー。


NEXTYLE っていうかっちょええ人たちに

インタビューしてもらって

動画あがってきたでーーー

是非みてや〜〜〜



NEXTYLEのサイトも覗いてみてな〜

https://nextyle.tv/nexstar/fujikawa/




両方3分くらいやから

時間あるときにでもみてや〜

エピソード1ではワーホリから世界一周行った理由、
なんでブロッコリーのコンセプトは
”接客はしない、お客様はいない”
なのか。


藤川英樹 episode 1

25歳で美容師として向かった先はオーストラリアのパース
現地でのバイトとして出会った真珠の養殖業と、
張り紙営業によるヘアカットで200万円貯めた藤川英樹が次に挑戦したのは世界一周によるヘアカットだった。
ハサミ一本でダイレクトに感じた、溢れるほどの素晴らしい出会い。
帰国後自ら立ち上げた美容室「Broccoli playhair」のコンセプトは
”接客はしない。お客様はいない”
そんな「人との出会い」を一番に考えたフレンドリースペースだった。
幸せのお手伝いを一つしてあげると、それらが膨らんで繋がっていく感覚。
そのことを藤川英樹は誰よりも知っている。










エピドード2のマザーテレサハウスで起こった奇跡は

何回話しても話しながら泣きそうになる。。



藤川英樹 episode 2

藤川英樹のルーツはいつだって「人との出会い」から始まる。
ボランティアハウスで出会った一人の「重度の自閉症」を患う少女。
彼女との出会いは、いつだって藤川を初心に戻してくれる大切なエピソード。
髪を切ることは、その人の人生をプロデュースすること。
そんな意識を芽生えさせてくれたのは紛れもなくその少女だったと語る藤川英樹。
今、代官山の中心で世界中の笑顔を思い出しながら髪を切る彼は、最高に笑顔の素敵な男だった。










みてくれたみなさんありがと!

NEXTYLEのみなさんありがとうございました!







4月9日(日曜日)の

モテ祭2017
ブロッコリー5周年&B2 1周年party

のFBイベントページできたから

来れる人参加ボタン押しといてなーーー。


https://www.facebook.com/events/1689550251344744/


















Broccoli playhair


150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-30-16
オアシス代官山2F

☎03-3461-1919

営業時間11時~21時

定休日 火曜日&第三水曜日














Broccoli 2 shibuya

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町7-12 野村ビル2F

☎︎03-6277-5720

営業時間11時~21時

定休日 火曜日&第二水曜日




















コメントを投稿