BroccoliのHP

✔︎✔︎✔︎ブロッコリースタッフ大募集。



ただいま、ブロッコリーでは、スタッフを大募集しています。

気になる方はお気軽にHPよりお問い合わせください。


Translate

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2019年1月24日木曜日

チームワーク。僕がチームで働くことを選ぶ理由。


ブログ強制制度
vol.2のお題は岩瀬から。

「チームワーク」


フリーランス美容師が増える中、
なんでチームで働くのか。
人を雇うのか。

僕は仕事が好き。
僕は美容師って仕事が楽しい。
僕は人が好き。

美容師っていうこんないい仕事、他にはないと思ってる。

岩瀬も書いてたけど美容師は1から10全部自分でできてしまう仕事。
だから一人で、フリーランスでええんか。
僕の考えはちゃう。

僕と同じように美容師って仕事が楽しい、大好きって思ってる価値観を持ってる人と一緒に働く。
そんな楽しい事他にないと思うし、
一人でやる何倍もの力を生むこともあるし、一人じゃ出来ないでっかい事ができることもある。
ランニングより、酒飲んでるよりそんな仲間と働ける事が僕は最高に楽しい。


一人でやって90%しか出せない力もそんな仲間と働いたら
100%出せる、なんなら110%120%の力が出せることもある。
(これ、馴れ合いで働いてたら70%の力も出せない。)

髪切りに来てる人も、一人で全部やると100%の満足度が、
そんな紹介したい仲間と一緒に働いてる事で
満足度は110%に120%に上がるはず。

一人で働いてたら思いつかないようなことも
僕はスタッフからもたくさんの刺激、ヒントをもらえて
考えつかないような事に辿り着くこともある。
もちろんチームで働くからこそ悩むこともある。
人が辞めていく、お金、人間関係、教育とか色々。
一人やったら気楽やなのになぁ。って思うことももちろんある。
けど、
このチームで働く、ブロッコリーでカッコええ、でっかいことやる。
てこの道を選んでなかったらその悩みにもだどりつけてない。

だからこそ本を読んだり、人に話を聞きに行ったり、
リーダーとしてどう人をまとめたらええのか、
思ったことをどう伝えたら伝わるんか、
勉強する。

今でも自分自身、日々成長が見える。

昨日よりイケてる自信がある。



チームワークを高めるのに必要なこと。

オーナー、店長、スタイリスト、アシスタントという違うポジションのお互いが、必要としていること、その人の強みをよく理解して、
サポート(協力)しあう。


それには、具体的な道が見える事、明確な目標が必要。
そしてそれを達成した向こう側に見えるものは何か。
夢を見せる。
ビジョンを明確にする。
それが僕の仕事で、
そこまでの道しるべを立てるのも僕の仕事。

このチームに一番大事な僕の仕事がまだ弱い。
考えても考えても
ボヤっとしてて
わかりやすくみんなに説明できない。


経営理念はモテる人を増やす。
僕らは接客はしない、お客様はいない美容室。
礼儀、誠実、謙虚、素直と少しの思いやりを重んじ、
髪を通じて目の前の人、周りの人が幸せになるお手伝いをし、
その人の人生をプロデュースする。
これが僕らの仕事。

その先に自分の幸せ以外に何があるのか。
それともそれだけでいいのか。
スタッフみんなが、
ブロッコリーっていうチームでやってることを誇りを持って、
胸を張って生きていくために
僕にはまだまだ考えることがたくさんありすぎる。

成長する伸び代しかない。

僕と飲み行って質問責めにしてください。
そして色々勉強させてください。
fin.


スタッフが毎週代わり番こでお題を出して
それに対してブログを書く制度。
スタッフみんなのブログがこのマガジンで読めます。





0 件のコメント: