BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2016年8月17日水曜日

今夜はウフフ。のフ。

まさかランカウイ島に来てまでこんなビーチ沿いのオシャレなBarでiPhoneピコピコしてブログ書くことになろうとは。



いつもの(昨日と今日)ビーチランニングを終え、
汗だくでこのお洒落なBarに入ってすぐビーチ沿いのカウンターに座り、
TIGERのドラフトのデカイのを注文し、
ポケットに入ってる星野源の本を取り出したんよ。



そしたら目の前にスーパー美人なヨーロピアンが一人でお酒飲んでたんよ。

本を読むふりして盗撮して、  


俺は心に決めた。
カシャッて音で振り向いたら手を振って手招きしてみよう。
(こっち来て一緒に飲めたらラッキー。来なくても多分一生会うことはない。)←この考えがチキン。

何枚も撮ったで。



音聞こえてるやろー?  



おーい


その超絶美人なアンは(今勝手に名付けた。)
店員を呼び、まさかのお会計したんよな。

支払いを済ませたはずのアンは、
何故か席を立たんのよ。  

3分くらいたったかな。



えっ、まさか俺と目が合うの待ち??
声かけどきか??






そこで俺の妄想が始まった。
(星野源も妄想大事ゆーてる)
(無駄にとった二つのベッドも二人分のブレックファーストも無駄にならへんのちゃうか。
そういえばホテルまでの帰り道のミニマートのレジにコ◯◯ー◯並んでたな。。)


俺のビールも来たから
もっかい写真撮ったんよ。




アン振り向かんやん。

なんでや。

お会計終わってなんで席立たんのや。

アンはモジモジキョロキョロし始めた。

せやのに目が合わん。

なんでや。

俺は…

もう一杯ビールを頼んだ。

アンは勇気を振り絞ったかのように
手を挙げ、
俺かっ
と思ったら
俺を透明人間のように透かし、
後ろにいた店員を呼んだ。

なんか店員と喋ってる。

もしかして…

あそこのアジア人カッコええからこっち来てって伝えててゆーてるんかな。
だとしたらあの子相当照れ屋さんやな。 
可愛いやっちゃな。
しかも、お店の名前Thirstday
て乾いた日て!ええ名前やん!
俺が潤すで!


店員は一旦その場を去り、すぐ戻った。
何かをアンに渡してる。
えっ?
もしかして………
ウフフかな…




これが俺がこんなお洒落なBarでブログ書こうと思った理由や。

まさかの釣り銭渡しててん!
なんやねんそれ! 
釣り銭渡すの忘れんなや!
俺の読書の時間返せや!

このブログ書いてる時間もなんやねんっ!

アンは釣り銭もろてそそくさ帰って行ったわ!

名前絶対アンちゃうわ!
そらそやわ!

いや、ゴメン。
アンも店員も何も悪くない。

生まれてこのかたナンパした事ないアジア人があんな超絶美人なヨーロピアン(アン)に振り向いてもらえるわけないねん。

星野源を読みながら過ごすと妄想がすごくなるな。
嫌いじゃないけど、
虚無感がすごいな。
あ、素面やよ。

Thirstday、調べなおしたら喉が乾く日。
ええ名前やんか。

さっ星野源の続き読も。



オヤスミナサイ










コメントを投稿