BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2016年9月20日火曜日

俺のエロ本について。

若かりし頃、
誰もが経験したであろう。
(勝手に決めつけてる)

彼女からの

「生理がこない。」

の一言。

えっ…
と、不安なのに不安な顔が出せず、

何を食べても味を感じず、

勉強も仕事も手につかず。



「きたよ」


の一言で雨でも雷雨でも、

晴天に見えてしまう心の晴れ方。

誰もが経験したであろう。
(勝手に決めつけてる)



これ読んで、

英樹クソやん。

だからやで。

って思う人もおるやろな。

でも、男なら誰もが経験したであろう心の声やと思う。

知らんけど。


東村大先生のホラー漫画、

タラレバ娘6巻をドキドキしながら読み終え、

もう一冊同時に出た、
 「即席ビジンのつくりかた」

を半身浴しながら読んだんよ。

内容はともあれ、

この漫画には、

俺の憧れの東村大先生の

スッピンから、

可愛いのから、


足から、 




タオル一枚姿から、

お腹とか、

もーその東村大先生の写真の数々は、

色んな想像を掻き立て、

俺にとっては、

中学生の時に初めて拾ったエロ本を、

部屋でドキドキしながら読んでる感覚に似てて、

半身浴がままならなかった。

という、

なんだかとても、

いい話。
(な訳あるかボケ!)

どうも最近、こういう妄想が入った日記(完全に星野源ちゃんの影響)には、



オカンからの”いいね”が付かない。
(それ以外の投稿にはアホのひとつ覚えみたいに押す)

ほな。








コメントを投稿