BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2008年12月10日水曜日

世界一のウイスキー!~カラファテのペリト・モレノ氷河~

ウシアイアに向かってプエルトマドリンを出発。

リオガジェゴスでウシアイア行きのバスに乗り換えた。はずが・・・


バスの中で彼女と話し合い、年末のイースターのフライトなどいろいろ考えたあげく、

世界の果て、最南端!っていうウシアイア行きを断念。

行き先が一瞬で変わってしまう。

まーこれが旅!って言ったらそれまでやけど、

今回は上野山荘で伊都子さんの母、あやこさんの髪を切る約束をしてただけあって、それだけが心残り。

髪を切る!って人が待ってるのに行かないことを決断してしまった自分に『それでいいのか??』

『お前の旅の目的はなんや??』

 って何回も聞いたけど、

カラファテに行く事にしてしまいました。

あやこさん、伊都子さんほんとにごめんなさい。


『できない約束はするな。』

旅中にそれをモットーに生きてる人の顔が思い浮かんだ。


気を取り直してリオガジェゴスから4時間バスに乗り エル カラファテ に到着!

『富士旅館』じゃなかった。『藤旅館』の島藤さんがバス停までお迎えに来てくれた。

町は完全に観光化され、物価もブエノスアイレスの1.2倍くらいになってるけど

アウトドアショップだらけのこの町は僕にはかなり魅力的。

まぁ彼女の見張り付きウィンドウショッピングやけど。笑


カラファテと言えば!氷河トレッキング!!

1Dayツアーでミニトレッキング400ペソ約12000円とかなり高いけどっこはケチるとこじゃない。



宿でエジプトぶりに再会したセーヤ,あすかちゃんと4人で出発。


まずは氷河の周りを散歩。

ピキッ    ピキッ・・・・・・・・・

ドッカ~~~~ン!!!

天気がいいからか氷河が崩落しまくり。

目の前で起こってる事がほんとに目の前で起こってるのかTVの中なのか・・・

こんなところにまで来てしまったんだ・・・

ここでも南米の自然に驚かされる。


靴の上に氷河のトレッキング用にスパイクみたいなのを装着し、

いざ氷河の上へ!

ザックザックと心地いい音が太陽の光と一緒にむかってくる。



昨日までビュービュー吹いてた風も今日ばかりは太陽に負けたらしい。

太陽は今日も僕らの事を見てくれてる。


まーこんな話はどーでもいい。

なんとも神秘的な氷河に僕らは圧倒され、あっという間にトレッキングが終盤に。

ここで。




氷河の氷でスコッチウイスキーーー!

普段もウイスキーを好きで飲んでるけどこれは別格。

世界一のウイスキー。

最近、世界一ってよく使ってるけどウソじゃないですよ。



このウイスキーの味は日本のみんなにも味わってもらわなきゃ!

って空で持ってきた水筒にいっぱい氷を削ってお土産。

みんな待ってて!

と思ったけどこの夜に宿のみんなで飲んじゃった。



氷河トレッキング大満足!

ちなみに。これから行く人へ。

ビッグアイスってトレッキングとミニトレッキングってのがあるんだけど、

あんまり歩くのが好きじゃない人はミニで充分やとおもいます。
コメントを投稿