BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2008年12月1日月曜日

☆バス58時間ブエノスアイレス☆

バスで30時間、ラパスからアルゼンチンのサルタまで。

のはずが何を血迷ったのかブエノスアイレスまで来てしまった。

58時間・・・

さすがに参った。

2泊3日のバス旅行とはいいがたい軟監禁。

食べたのはサンドウィッチとチキンとクッキー。

彼女に『こけたね』 と言われながらふらふらで『上野山荘別館』に到着。

運良くベッドが二つだけ空いてた。

ベッドに倒れこむようにバタンキュー。と思いきや

楽しいやつらがいっぱいで3日間もつようにと買い込んだお酒を飲みきっってしまった。

気付けば4時半。

まぁ次の日は何もないからいいや。

ってなればいいんだけどサッカーのアルゼンチンリーグ、BOCAの試合がある。

朝、7時に起きてチケットを買うために並んだ。

並んだ。

大雨の中。

まるで雨の降る満員電車。

4時間。

そんな中BOCAサポーター達は歌う歌う。

飛ぶ飛ぶ。

試合は夜やで??


立寝をし始めてしまい、体力も限界に足した時、

うごきだした~~!

元気を取り戻し進むと・・・チケットがないってオイ!!!


みんな愕然とし、サッカーはあきらめた。



いや、旅人達はそんなやわじゃない。


夜、キックオフに合わせて行き、

ほとんどが偽物を売ってると評判のダフ屋で交渉。

低下の3倍、80ペソ、約2700円の本物のチケットを手に入れ無事入場!

町中に響き渡る応援歌。

ゴール裏だけじゃなく、スタジアム内全員が総立ちで歌う歌う。飛ぶ飛ぶ。

僕らも大声で意味の分からない歌を歌う歌う。

大声を出すのってなんでこんなに気持ちええんやろ。


思いっきり叫ぶ、笑う、泣く。こういうのって人間にとって大切な事なんやろな。


アルゼンチンの勢いはヨーロッパリーグの比じゃない。

浦和レッズとか阪神の応援もこんな感じなんかな。

日本帰ったら行ってみるか。

浦和のファンになるか。
コメントを投稿