BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2016年11月19日土曜日

楽しんで帰ってもらう。ってどういう事なんか。 健&右山のメンズカットテスト中。

お店に来てくれた人に楽しんで帰ってもらいたい。

これって誰でも思うことやと思うねんな。


ほな、楽しんで帰ってもらうってどういうことなんか

満足いくご飯を食べれた。

納得いくカットしてもらった。

めっちゃ可愛くなった。


これがおろそかになったらどんなに楽しい時間でも

楽しくなかった。

てか、なんなんあの店。

ってなる。

だからここは基本的にできないと話にならん。



面白い人に出会った。

面白い漫画を読めた。

ええ話聞けた。

めちゃ笑えた。

あの人に一歩近づいた気がする。

悩み事聞いてもらった。

恋話できた。


楽しんでもらうのにはいろいろあると思う。



俺な、

美容師のくせに、

自分の髪やる時間なかなか作られへんねんな。

ドレッドのリタッチで約3時間。

大事な休みの日の3時間。

その予定入れるだけで一日の動きが拘束されるやん。

その3時間って時間をめちゃ大事に使いたいんよな。

だって3時間って休みの日の動ける時間の6分の1やで。



そう思ったらな、

髪切りに来るみんなが、2時間、3時間の予定決めて

定期的にちゃんと来てくれるってすごいことやと思うんよな、

せやからな、

その大事な2時間、3時間、

どう楽しんでもらうんかを

プロデュースをすることが大事やと思うねん。

話する時間。

話聞く時間。

技術みてもらう時間。

本読む時間。

うとうとしてもらう時間。


とか、

休みの日の、仕事終わりの、

大事な時間預かってんねんから、

その大事な時間を

どうプロデュースして楽しんでもらうんか。

あ、同じ事2回目言うてもた。



それ意識しながら一人一人と向き合うだけで

楽しんで帰ってもらえる可能性は広がると思うで。




委ねてもらった髪と時間をプロデュースするんが俺らの仕事やな。




今、健くん、うざんくんのカットのモデルチェックしながら

なんか書こうと思ったら

この事思い浮かんだから書いた。

ええ顔しながら髪切っとるわ。






健くん、うざんくんのメンズカットデビューも近いで。

ほんま成長したなぁ。

あ〜楽しみ。



Broccoli playhair


150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-30-16
オアシス代官山2F

☎03-3461-1919

営業時間11時~21時

定休日 火曜日&第一、第三水曜日











Broccoli 2 shibuya

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町7-12 野村ビル2F

☎︎03-6277-5720

営業時間11時~21時

定休日 火曜日&第二、第四水曜日























コメントを投稿