BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2008年11月6日木曜日

マチュピチュ~~!続

南米の観光スポットのハイライト!

待ちに待ったマチュピチュ観光。

ということで、朝の5時からバス停に並びみんな気合入りまくり。

昨夜の大雨もすっかり上がった。

太陽はいつでも僕の味方。のはず。


一時間ほどバスにゆられ幻の町、マチュピチュへ。


遺跡にはイマイチ興味が沸かない僕だけど、




この高い山に囲まれたマチュピチュを見たとき、

かつてここで生活していた人達、

スペイン軍に見つからないようにこんな所に造った人達、

いろんなことが想像できた。

遺跡でこんな感覚は初めて。

いつも遺跡は遺跡でしかないと思ってたけど、

ここには生活が見える気がする。


ワイナピチュに登った。

ワイナピチュは写真にある、マチュピチュの右に見える高い山。

こんな山のぼれるんか??


そこで彼女が一言。

『登れない山はない』

って一番ぜぇぜぇ言ってたのに。



こんな山の上にも遺跡がある。

これを同じ人間が造ったんや。


え~と、言葉ってむずかしいな。

なんて表現したらええんかわからん。

だれか文才をわけてくれ。


ワイナピチュの上で一時間ほどぼ~っとした。

いい時間やった。


何故か日本に帰ってからの自分を考えてた。




そんなところに犬が。

マチュピチュ犬や。

登ってきたんか??

食べ物持込禁止やからこいつが人間から食べ物をもらう事はないはず。

たくましいなぁ。

唯一持ってたブドウ糖の飴をあげようとしたけど、

もちろん食べずに僕の顔をなめていっちゃった。


マチュピチュ内にはリャマがいっぱいいた。

こいつらは茂ってくる雑草を一生懸命ムシャムシャと食べてた。

なでても、たたいても、押しても

人間に全く動じないリャマたち。

ってか完全無視。

草をむしって口元にもっていっても無視。

大人やなこいつら。

と思いきや、カメラを向けたらみんなしてカメラ目線。

かわいいとこあるやん。



でも僕はいつまでたっても無邪気な犬が好き。


そんなことはどうでもいい。

とにかく、


自然と遺跡のコラボレーションと、

人間と動物のコラボレーションに魅了させられた。


マチュピチュに別れを告げ、町へ。







うろうろしてたら『オラ!!』


え?どこや?と振り返ったらオウムが。

『オラ! コモエスタ?』

こいつスペイン語話してる・・・

ぼくらよりも流暢に・・

僕らが『お~~~!ビエンビエン!』って言ったら

オウムに『キャハハハハ』って笑われた。

馬鹿にするな!

俺らが話せないのわかってんのかも。

やるな!こいつ。


一眠りし、次の日の列車のチケットを買いに行った。

行きはがんばったから、帰りは列車で一気にクスコへ!


ところが・・・ストライキの噂の影響か直通列車がいっぱい。


しかたなく来た道を帰ることにした。

10キロはさすがに歩かず列車に乗り、

乗り合いミニバスを乗り継いだ。

山道が一昨日の大雨で土砂崩れが多発したみたいで道路が土砂だらけ。

なんて恐ろしい道・・・

見てるほうが怖い。

音楽聴いいて寝よう。

頼むよ運ちゃん!!!



本当にびびってんのか?と言わんばかりの寝っぷりで、

気がつきゃクスコ。

まぁ無事でなにより。

元泊まってた宿へ。

宿のファミリーはいつもどおり暖かく迎えてくれた。

ほっとするなぁ。
コメントを投稿