BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2009年3月8日日曜日

九州

九州に上陸し、バスに乗って宮崎の高千穂へ行った。

父と母、昔から知ってる両親の友達がたまたま宮崎を旅行してるので

会いに行く為だ。

久々に会った両親はもっと年をとってるかと思ったら一年前よりも元気そうだった。

最近、二人そろってマラソンをしてるらいい。

元気だ。

僕もこのなまった体をなんとかしなきゃ。

久々の再会の話は後にしてとにかく高千穂を観光。



『天岩戸神社』っていう天皇の先祖がここで生まれたといわれるところに行ってきた。

「太陽神である天照大神(アマテラスオオミカミ)が天岩戸にお隠れになり、世界が真っ暗闇になっってしまい、

困ってしまったのでこれはまずいと

天細女命(アメノウズメ)が天岩戸の前で半裸で踊り、

天照大神が何事かと岩戸を開けたとき、

力自慢の手力雄命(タヂカラオノミコト)が岩戸をこじ開けて天照大神(アマテラスオオミカミ)を外に出し、

入り口を塞いでいた岩の戸を手力雄命(タヂカラオノミコト)が投げ飛ばした。

そうすると天界と地上界は元のように明るくなった。」という、神話を聞いてから見ると、

かなり神秘的な場所で、いままで世界中をまわっていろんなものを見てきたけど、

ここにはかなりパワーを感じた。

やっぱり日本人だからなのかな。


高千穂峡の風景にも感動した。

特にこの屏風岩。

初め見たときはなんや人工で削ってるんかぁ。って思ってたけどよくよく見たら自然だった。

日本の自然もすごい。

なんだかんだ日本のことほとんど知らんかったらなぁ。

父は最近カメラにこってるらしく、写真ばっかり撮ってた。


高千穂でかなりのパワーをもらった。

ほんとはこのまま屋久島まで行こうかと考えてたんだけど、

今は行く必要がなさそうだ。


次の日、両親達と別れ、宮崎の延岡へ。

専門学校時代の友達に会いに行った。

彼はもう美容師をやめ、美容のディーラーになって生き生きと仕事をしてた。

7年ぶりの再会でも何も変わっていないお互いに笑えた。

リョウスケの母が宮崎名物のチキン南蛮を作ってくれてた。

やっぱ日本食が一番だ。

ってかこうやって写真で見ると自分が太ったのがわかる・・・

韓国の1ヶ月で3キロ太りました。



リョウスケとその彼女とリョウスケの母の髪を切ってあげ、

もう一人の宮崎の友人に会いに行った。

中武は西都温泉で働いてて、そこに泊めてもらった。

久々に会っても何も変わっていない友人達。

お互い、あの時とはまったく違っても、そこに帰ったら自分もそのときの自分に帰れる。

西都市にある古墳群に連れて行ってもらった。

ここもいろんな神話を説明してもらいながら行くと楽しかった。

歴史とか神話とかそういう予習が僕の世界旅行には足りなかったのかもな。

中武のちゃらちゃらした髪をお洒落に直し、

さぁどうしようかとバス停に送ってもらい、福岡行きが3000円と安かったのでそこのバス停で待ってたら、

ローカルバスが目の前を通った。

そのバスの壁紙に神戸行き11500円!安い!

次の日の朝には神戸や。って考えたら無性に実家に帰りたくなって、

バスチケットを買いなおし、神戸行きに乗った。

次の日の朝、目が覚めたら見覚えのある風景だった。

神戸三宮。

一気に現実に帰ってきた。

さぁ実家、姫路に帰ろう。
コメントを投稿