BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2009年3月19日木曜日

姫路→京都→岡山→四国→大阪

何日か親のお店を借り、

ウィッグを切ってカットの練習。



親のカット、

いとこたちのカット、

友達のカット、

お店のスタッフの人達のカット、

周りの人にモデルになってもらってシャンプー、ブロー、カットの練習。


久々にやった練習はかなり楽しくて時間を忘れた。




日本でばりばりやってる友達の職場を見に行き、自分の士気を高める。


みんな違う道だけどそれぞれ前を向いてやってる。

地元の友達と飲むと一気に現実に帰れる。

東京に帰る前に地元に帰ってきてよかった。


京都、金閣寺に行った。


あ、大阪城にも。

日本の建築物の中でもお城は特別なものに感じる。

姫路出身だから姫路城びいきやけど、大阪城の緑と金のコラボもかっこよかった。



日本の建物は本当に美しいと思う。

もっとたくさんの外国人に日本に来ていろんな日本を見て欲しい。


岡山に行って友人のカフェに行った。

東京で会ってたときより生き生きしていた。

東京に帰っておいでよ。って言いたかったけど、

言うのやめといた。







香川の金毘羅山にお礼参りに行った。





いままで神社にはお願いする時はちゃんと足を運ぶのに、

お礼はお願いのついでになってしまってた。

今回ばかりは無事、日本に帰ってこれたお礼を言いに行った。







ハサミを持って大阪へむかった。

友人、旅友の家を転々とし、いろんな話を聞いて、刺激を受けた。

髪はこの旅のスタイルで切ってあげる。












自分の髪をキレイにする為に、先輩が働いてる『mission hair』ってとこに行って髪を切ってもらった。

肩甲骨下辺りまであった髪を方につくかつかないとこまでばっさり。

髪を切ると気持ちが変わる。

そんなことは前からわかってるけど、

切ってもらうたびに改めて感じる。



オーストラリアに行ってた一年で周りの人にそんなに変化は感じなかったけど、

この世界一周の一年でみんな大きく変わって成長してた。

ちんたらしてられんな。
コメントを投稿