BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2009年3月4日水曜日

日本へ


韓国ノリを買いすぎて荷物が増えすぎた。

デニスとジュリエットにフェリーポートまで見送ってもらい、

この旅最後の国、韓国を後にした。

フェリーに乗り込むと、当たり前だけど日本人がわんさか。

最安だった16人部屋に入る。

そこには日本人の観光客がたくさんいた。

いつもなら話しかけて一緒に飲んで楽しい夜にしちゃうけど、

そうなる事を恐れて、荷物だけ置いてフェリーの甲板に出た。


最後の夜は一人でいたい。


甲板には誰もいない。

こんな気持ちいい夜やのになんでみんな中におるんやろう。

もったいないなぁ。

日本の方からふいてくる風が気持ちいい。

いや、日本に向かってるから風がそっちから来てるように感じるだけか。

まぁどっちにしても僕にとっては風だ。


とりあえず僕にとって世界で一番おいしいビール、アサヒビールを買い、

空にむかって『乾杯~~~!!!!』と叫んだ。

東西南北に向いて世界中で出会った友達、人達に

『ありがとう!乾杯!』と4回叫んだ。


最後のフェリーでは涙くらい出るんかな?とか思ってたけど

出てきたのは足の裏から頭の先にうじ虫がわくようなぞくぞく。

思いっきり両手を空に掲げてもう一回

『ありがとーー!』と叫んだ。

これをカメラで自分撮りしてる。

きもいでしょ。笑


ipodを耳につっこみこの旅でお世話になった曲を熱唱する。

甲板の上をライブステージのように歩き回りながら。

10時くらいから歌ってたら気付いたら12時過ぎてた。

その間、誰も甲板に出てこなかった。

のか?もしかしたら変な人が歌うたってる。って出るのをやめたんかも。


4本目のビールを買いにいき、甲板に戻ったら韓国おっちゃんがいた。

おっちゃんはタバコを差し出してきた。

僕は手を振りビールを差し出した。

おっちゃんは手を振り、お互い笑った。

おっちゃんに日本好き??

って聞いたら親指を立てて片言で『オフコース』と言ってくれた。

『僕も韓国好き』って言ってまた笑った。

おっちゃんが中に入り、また一人になった僕はまた歌い始めた。


とにかく気持ちよくって歌いまくってたら奥田民生の『さすらい』が流れた。

チェジュ島では元気が出たこの曲だったけど今回は違った。

いろんなものがこみ上げてきた。


この旅で自分がどう成長したかなんてわからない。

ただ、今感じてる事は、

旅であった人達に支えられ、

日本にいる友人に支えられ、

家族に支えられ、

そんでなによりも彼女に支えられ。

僕は一人で生きてるんじゃないって事。


と、


僕は『美容師』というこの仕事が好きで好きで仕方がないってこと。

自分という人間がどういう人間なのかが少し分かった気がする。



朝、部屋で目覚めたらフェリーは福岡に到着してた。

僕は甲板に出てつぶやいた。


    『ただいま』









日本を旅しながら僕の勝負の街、『東京』に向かっていきます。

約、一ヵ月後東京に到着する予定です。
コメントを投稿