BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2009年1月25日日曜日

☆イグアスの滝☆


『肉体の悪魔』ことヒロに、

釣りだけじゃなく、ビリヤードでも勝ってしまう。

そんな彼にステキな笑顔で見送られ。





バスで世界一の水量を誇るらしいイグアスの滝へ。

入場料60ペソ、ボート75ペソで約5000円。

アルゼンチンってなんでこんなに高いんや。

まぁ楽しませてはもらってるけど。


イグアスに入場し、電車みたいなやつに乗ってジャングルをかきわけ滝の方へ向かった。

ここはディズニーランドか?

こんな大自然に囲まれているのになんだかテーマパークに来た気分。





違うのは本物の動物達がいること。





ボリビア、ルレナバケ以来にひさびさワニ君に会った。

あの時は鶏肉で鼻をピシピシたたかなきゃご飯を食べなかったのに、

今回はパンを投げたらうれしそうに食べてた。


そんなことをしているうちにドーーーーン!と現れた滝。

これを滝って呼んでいいものなのか・・・

でかすぎる。

近くで見たいからとボートに乗りこむ。




話には聞いていたが滝の目の前で目なんて開けられたモンじゃない。

これは滝を近くで楽しむ為のアトラクションではなかったらしい。

濡れて叫んで喜ぶ。

欧米人向きのアトラクションやな。

マイナスイオンがどうこうってのはいまいちわかんないけど、

心が洗われた気がする。

全身ビショビショのまま列車に乗り、

メンイの滝、『悪魔の喉笛』と呼ばれてるところに行った。

遠くからでも聞こえる グォーーー!!っていう音。

男心をくすぐる音。

だんだん音はでかくなり、

目の前に立ったら滝の底は全く見えなかった。





グォーって音を聞いてるとボーッとしてしまう。





大きな音が大きく聞こえなくなってくる。

なんか気持ちよくなってきて、







ふと思い立って眉のピアスをやめることにした。

8年前、美容師になってはじめてもらった給料であけたピアスで、

今までなかなかはずせなかったけど、

もういらない気がした。







滝に投げ込んだ。

一瞬時間が止まったようにゆっくりキラキラしながら落ちていった。

ありがと~~~~。


気持ちを切り替えて振り返ったら、

こんなに穏やかな川の流れで魚が優雅に泳いでいた。

自然はほんとにすごい。

すごいって言ったら失礼か。

まぁとにかく南米の大自然にはお世話になった。
コメントを投稿