BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2008年9月21日日曜日

昔話~Australia~

ちょうど一年前はオーストラリアだったなぁ。

自分が、まさか一年後スペインにいるなんて思ってもいなかった。

懐かしくなったので

この旅にでるきっかけとなったオーストラリアの一年の話を簡単にさせもらいます。。。

このブログの表紙にも書いてるけど、AUSに行くまでは全く海外に興味なかったんです。

約2年前、東京でフリーで仕事をしている時に先輩の先輩から

『AUSで仕事してみないか?』

って声がかかり、最初は断ったけど今しかないと思い、思い切って行く事にした。

初の海外。25歳。

着いたところは西オーストラリアのパース。

何もわからない土地に一人で降り、、

着いた次の日からパースのMU HairDressing で働いた。

英語なんてもちろん話せない。中学生以下。

一人目のお客さんからいきなり外国人で、も~~それはてんてこ舞い。

『ハロ~!』 『カット?』みたいななんとも失礼な接客・・・

そんなんでもお客さんはがんがん話しかけてくる。

も~勢いで仕事。分かったふりして、もう一回確認するふりして

身振りそぶりでこんな感じ?て聞く。

そしたら自分の感性信じてカット!

このままでは駄目だと一緒に働いているスタッフ(今の彼女)に 

『今日、どうしますか?』と『僕を信じて僕に任せてください!』

って言葉だけを教わってそれで最初何週間はがんばった。

カットした後、どれだけ自身を持って鏡を見せ、どうだ!!!

みたいな感じです。。。

日が経つにつれ、英語でコミュニケーションもぼちぼちとれるようになった。

お客さんは日本人3割に外国人が7割。

その外国人はAUSの人だけじゃなくて、世界中の人たち。

世界にはこんなにいろんな人達がいるんだ・・・

髪質も、感性も違う人達。

世界に対する興味が一気に湧き出た。

そのお店で6ヶ月働かせてもらい、一ヶ月日本に帰国。


管理美容師という資格をとるのと、親友の西郷を海外に引っ張り出す為に。

日本で友達にいっぱい会い、散財覚悟で思いっきり飲み、
これでもかというくらい遊んだ。

そして西郷と一緒に再びパースへ、

パースの友達に見送られ西AUSのBLOOMEへ。

ブルームといえば真珠!

僕は、生まれて一回も美容以外の仕事をした事がない。

ここでやっとかないと一生美容師しかやらんかも。と思い、


真珠のボートで仕事する事に。

ブルームからさらに北に200キロくらい離れたところにある

CYGNET BAYという会社。

海沿いにある小屋で生活し、

朝は日の出と同時にボートで出勤。

そんで夕方5時近くまでボートの上という生活。





仕事は真珠の養殖のお手伝い。まー力仕事です。

船に弱い僕は吐きまくり・・・

10日間そこで仕事し、4日間ブルームに帰って休息。

そしてまた海へ。みたいな感じです。

ここで初めて西郷と一緒に”張り紙”というものを作り、

その時と泊まってたキンバリーというYHのバックパッカーの安宿に張らせてもらった。

町のレストランや、他のゲストハウスにも張った。

これが意外に好評で、休息に帰ってくる4日間は予約でいっぱい。まではいかないくらい。

小さい町なのでありがたいことにうわさが広まってくれてた。

駐在員や永住してる方のところに出張したり、

GHに来てもらったり、映画館に出張したこともあった。








海にいる仕事中も海辺でスタッフのみんなを切った。













永住してる方の一人の結婚式まで任せてもらえた。

ブルームの結婚式はビーチが主流!

髪のスタイルチェンジも野外で。



時には、海外からの美容師さんがカットを教わりにまで来てくれた。












休日の夜は毎晩のように野外クラブへ。

あやしい写真は木曜にあるブルーム名物 ウェットTシャツコンテストで

ウォーターボーイをさせてもらった時の写真。

2枚目の変な写真はストューピットパーティーの時の写真。

3枚目はGHにビールを持ち込んで追い出され、

一週間程のテント生活の写真。


最高の仲間に囲まれてた。



半年くらいこんな海と町での生活をした。



これはいける!

ハサミがあればどこでも行ける!!

髪の毛があればなんでもできる!!!



ハサミを持って世界を旅してみよう!

世界中の人の髪を切りに行こう!

と思い今にいたっています。。。

大分簡単に書いたけど、僕の人生が180度かわったAUS生活でした。

どこにいても最高の人達に助けられてる。

感謝感謝感謝や。。。。

AUSに誘ってくれた渡辺さん、賀川さん、ありがとうございました。

これぞほんとの自己満の日記やな。笑
コメントを投稿