BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2008年9月29日月曜日

砂漠の町 ☆メルズーガ☆

マラケシュからサハラ砂漠の町 メルズーガまで一日一本の夜行バスに乗る。

ところが・・・


バスに乗るときに荷物代を20dh約300円ずつ払えと言ってきた。

よくあることだけど、すでにバス代も観光客価格160dh払ってる。

完全に日本人観光客としてなめられてる。

むかついてついついきれてしまった・・・

『それなら乗るかぼけ!!』


ってバスの外で座りだだをこねた。

でもバスの出発時間が近づいてくる・・・

仕方がないから

『ごめん。でも頼むから10dhにして。それでも払いすぎなくらいやろ??』

って言って10dhだけ払って丸く収まった。

ほんま足元ばっか見やがって。

バスの出発時間は16:00。

ラマダンで何も食べてないからかバスの中は静まり返ってる。

18時の休憩でみんな飲み物を買いテーブルに座る。

18時20分、みんなの前に注文したご飯が並ぶ。

僕らは昼食とったけどこの人達どんな気持ちなんだろうか・・

と、その時!

18時30分丁度にみんなが食べはじめる!!!

が、意外にがっつかない。

慣れっこなのか?もっと美味そうに食えよ。

あっさり夕食を食べバスが再出発。

人間は素直です。ご飯食べなきゃ騒げません。

再出発したバスの中は、さっきまでの乗客が別人のように騒ぎ出した!

一人がラジカセを持ってきてて、その音楽に合わせてみんなで手拍子!

最初はおぉぉ!!と思って見てたけど、

それが夜中まで続く・・・そしておんぼろバスの椅子は直角。

寝れたもんじゃない。

首が上がらない夢まで見る始末。

朝、4時半にメルズーガへの乗り換えポイント、エルフード到着。

真っ暗の中荷物を下ろし、地図すらないこの町でどうしろと?

と不安になる前にとなりにいたおっさんに

『メルズーガ行きたいんやけど?』

って聞いたら、すかさずおっさんが

『なら、この降りたバスでリッサニまで行け』って言われた。

あわてて二人で荷物を積みなおし再びバスへ。

また一時間揺られリッサニ到着。

唯一ノートに書いてた情報。

『メルズーガへは客引きについていけ!』

バスを降り、客引きにメルズーガ!って言ったらあっさりOK!10Dhで連れてってやる。って。

ここは信じていってみよう。

ドラエモンの様なおっさんに車に乗せられ3分走って変なレストランの2階に連れられた。

言わんこっちゃない。『あと4人集まるまでここで待っててくれ。』

そして客引き得意技、『俺、いい宿知ってるよ。ラクダツアーもやってるし最高だ!』って。

『いやいや日本人がやってる宿あるでしょ?そこに行きたい!のりこ?だっけ?』

とマドリッドの情報ノートで見たうる覚えの情報を言ってみた。

ところが『そこはつぶれた。だから俺のとこにしろ。』とみえみえのウソ。

僕らも負けじと『予約してある。』と定番のうそ。

が、モロッコはしつこい。

あの手、この手と話をやめない。

不機嫌になってくる自分に気付き、深呼吸。

違うガイドのおっさんまで来て、さっきと同じ事の繰り返し。

いい加減にしろ!とキレル寸前、メルズーガ行きの乗り合いタクシーがやってきた。

タクシーに乗せられ、このままではおっさん二人の思うがままになってしまう・・・

と思ったところでひらめいた☆

マドリッドのヤガミホテルに電話し、情報ノートを見てもらい、のりこさん情報を教えてもらった。

そしてのりこさんに直接電話し、タクシーのうんちゃんに道を説明してもらった。

危機一髪で救われた。

そんなこんなで無事 『シェ ノリコ』 に到着。

実はメルズーガの一つ前のハッシュドビルっていう集落にあったみたい。

なにはともわれ着いてよかった。

情報収集はちゃんとせなあかんな・・・

ほんと苦労したけどこの宿最高!!!

綺麗だし、情報満載だし、サハラ砂漠の目の前だし、

そしてなんと言ってものりこさんの人柄!そして手料理!!!

この日のご飯はから揚げ定食☆

ネパールの日本食なんて目じゃない。

ここがサハラ砂漠だってことすら忘れさせてくれる。

まるで日本の田舎の旅館にきたみたい。

ここぞ砂漠のオアシスや!







『シェ ノリコ』  フランス語で『SHEZ Noriko』
+212 (0)53 195 219
+212 (0)60 676 297

もし、メルズーガに行く人がいたら是非行ってみて下さい。
ほんといい宿。
TAXIで行くんですが、メルズーガの手前の町、ハッシュドビルという集落にあります。
分かりにくいので行く前には電話入れといた方がいいと思います。
電話入れたら有料ですがお迎えきてくれるみたいです。

僕らの二の舞にならないように・・・   
コメントを投稿