BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2008年4月11日金曜日

☆元陽☆ 棚田

昆明から午後7時半発、午前4時に着く寝台バスに乗り元陽に出発。

いつもどうり道はがたがた。

席も一番後ろだったので夜中中はねまくってた。

それでも何とか眠りに付き、到着したのは朝7時。

相変わらず時間に適当やな。

その日は町をぶらぶら。


市場でおばちゃんの民族衣装かわいい!!って言ってたら

彼女が着させてもらえることに。


ここの民族衣装ほんとかわいい。

めっちゃ笑顔のおばちゃん。

衣装返したとたん顔つきかわって

20元!!って。。

なんやこいつの笑顔もうそか・・・

5元だけ払ってその場を離れた。


次の日に棚田を見るために3輪TAXIの予約。

そこらじゅうにいるTAXIに声かけまくって交渉。

朝530から夕方730まで一日チャーターで130元、約2000円。

高いけど相場が180元くらいやからがんばったほうやな☆


次の日、日の出を見るため朝5時30出発。

元陽の名物!ってかこれしかない『棚田』!!

これが予想以上!

めっちゃすごい。

見渡す山肌が全部棚田・・・

今は田植え前でちょうど田んぼに水をはっててステンドガラス風。


綺麗!っていうよりかすごい。

中国の偉大さ、クレイジーさ実感・・



日の出はもちろん綺麗だったけどいまいち棚田と一体化せず。。



地元の民族の人達が

子供背負ってゆで卵を売りに来てて、

一人2つずつ食べて大満足。

それでももっと食え!!って

血管つまるからいらん!!


帰りにTAXIのねーちゃんに腹減ったって言ったら

地元のラーメン屋連れてってくれて

これがまじ美味かった!

けどやっぱ

日本のとんこつラーメン食べたい・・・

そんな思いで会計したらねーちゃんお金払わず先に車に戻ってた。

確かにTAXI代結構値切ったけど食い逃げはないで。。。

まーがんばってくれてるし、いざこざも嫌やからここは僕ら出しとこ。


夕方、日の入り!

山にガスかかってて全く綺麗じゃない。

そんな時は!

と腰にシザーケースを巻き、

『ヲースージーペンファーシースー!』

『ニーシャーリーファーマー??』

って日本の美容師です。髪切りませんかーー??

って言いながらお客さん探し。


この日はいまいちで

地元の子供のカットだけ。

そこらじゅうの子供が珍しそうに寄ってきた。

カットの後、折り紙教室。

飛行機、鶴、おぼえたてのパクパクパック、

ドキドキハート(これはまだ意味がわからんかったみたい)。




みんな大喜び!





真剣に真似して作ってた。
  
スプレイヤーで水のかけあい、キョンシーごっこ、

タケチャン得意の変体プレイ。



日の入り忘れて最高の時間だった☆

風景と建物とかもいいけど

やっぱ人とか動物とかと遊んだほうがおもろいな☆
コメントを投稿