BroccoliのHP

Profile

自分の写真

20歳から美容一筋でもがくも、
25歳〜28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、
貯金も職も家もなく再び東京へ。
がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に 
接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー)  playhair  を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげとちょんまげに溺れる。
一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、
ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。
はちゃめちゃな経営と教育をこのブログを通じてご覧あれ。

2009年2月28日土曜日

Jeju島 雨

チェジュ済州jeju島のcafeで前回の日記を書き終わり外に出たら大雨。

あぁ。傘持ってないし。

電化製品いっぱいもってるし。

どうしようともう一回cafeに入って同じ席に座り、あたかも出てませんよって本を広げた。

どこ泊まろう。とか思ってたその時。

携帯がなった。

電話の相手はとチェジュ島に住んでる地元人から。

DAEGUの友達テイヒョンとネットで繋がってPUSANの友達デニスを伝ってこの携帯に繋がった。

いやぁ。まじラッキー。

今からここに迎えに来てくれるって。

最高。

彼の家にお邪魔させてもらえることになった。

彼の名はジン。23歳。あ、インターナショナル21歳。めちゃ若。

次の日は韓国一高い山、ハラマウンテンに登る予定!

一番高い山がここチェジュ島にあるのってなんか変やな。

その日はビールもそこそこに切り上げ、早めに寝たが、

次の日も雨。

友達には恵まれたが天気には見放されたらしい。

まぁいい。

もう一人、みんちゃんって日本語勉強中の子が加わり、3人で観光につれっててくれた。

この道がチェジュ島にあったの知らんかった。

『神秘の道路』

写真じゃわかりずらいけど、これ上り坂。

そんで車のエンジンオフ。

なのに車は坂を登る!!!

すげ~~~!まじ不思議。

以前、TVで見たときはどうせ錯覚やろ。とか思ってたけど、

錯覚だとしても意味が分からん。

だって上り坂なんやもん。

意味不明のまま次へ。

韓国の昔の暮らしがつまってる博物館へ。

昔のDJ。いい顔してる。

今よりお洒落なんじゃねぇか?。。。

昔の美容室。いや、床屋か。

床屋のはずやのにペンチとかがいっぱい並べられてた。

学校。

せっかくやから制服着て3人で写真撮った。

学校やのになんでライフルがあるねん。

でもみんながつっこんでないってことはこれが普通なんやな。

日本はエアーガン禁止令がでてたのに。

卓球したりめんこで遊んでみたり。

昔の農業とか見てもかなり日本に似てる。



夜になり、お礼に二人の髪を切った。

マンションの最上階にある彼の家からはチェジュの夜景が一望できる。

ハサミ持ってきてよかった。

ハサミがなかったら自分の存在価値が半分くらいになりそうやな。


切り終わり、スタイリングしてあげたらみんちゃんは自分でいっぱい写真撮ってた。

韓国の女の子は自分撮りが大好き。

携帯とかカメラとか自分の写真がいっぱい。

日本の女の子もこれくらい自分の事好きになればいいのに。

男の子は写真大好き。まぁこれは日本人もやけど。

僕の写真めちゃめちゃとってくれる。

俺は有名人か?と思うほど撮ってくれる。

これはやりすぎやろ。

掃除は自動掃除機がやってた。

かねごんみたいなやつ。

クリーニングかねごんでクリゴンやな。

これはじめて見たけどかなり頭いい。

こんなもん!とか思ってたけどこれ結構使えそう。

見てたら動物に見えてきて可愛くなって写真いっぱいとったげた。

そしたらはりきちゃってこの部屋だけじゃなく、次の部屋まで掃除してた。

機械もおだてるといいみたい。


もう一人、はん君が加わり、大好きなマッコリを飲みに連れてってくれた。

韓国語しかできない彼だけど、

辞書を引きながら一生懸命自分でボディランゲジーで会話してくれる。

横には英語ができるジン君と日本語ができるみんちゃんがいるのに。

こういうのええな。


自分だったら横の二人に頼っちゃいそう。

いやぁほんと出会いって面白いなぁ。

とにかく出会いのチャンスは逃しちゃもったい。

みんなに『もったいない』って言葉を教えてあげた。


次の日、ってかプサンに帰る日。

今までになく晴れ。

家からはハラマウンテンが見えた。

気持ちいいから髪切りたくなってハン君の髪を切った。

今日なら登れたのに!

まぁまた来る理由ができた。

みんなにも会いに来なきゃ。
コメントを投稿